2018年02月06日

ストーカ- 外国人

ここでは、被害者と加害者と云う側からではなく、調査を受けた警察の失態と云うポイントから観て観たいと思いる。

また、親等一緒に居住している方から注意してもらうと行動が点検されるように成るのでストーキング行為が悪化すると云う事も少なくなると思いる。
これは、ストーカーしている人の身元が理解出きているケースの場合の対処法となる為、身元が理解出きるケースの場合で事情を把握してくれるような親類の方ならばこの対処方法を実行してみる事をおすすめする。

≪オンラインによるストーカー行為の対処方法≫
オンラインによるストーカー行為は相手を特定するのが途方もなく困難な為、懸念はどんな時であってももっていなければならないし解決もままならない。
メールやチャット、掲示板等自身を脅迫、非難、抽象するような記事が掲載されているレベルでは警察も、プロバイダー側も調査はしてくれないようである。

元彼がまさかストーカーに変わるとは、付き合ってる時はおもわないものであるよう。
しかしながら、その片鱗はどこかで絶対にでるものである。例を挙げるとキレやすかったり、攻撃的だったり、好き嫌いが激しかったり等がそうである。
こういった行動を見逃さないようにしておこう。



posted by k09jyuliwanjingtu at 08:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。