2016年07月29日

ストーカ- 犯罪特捜班

≪ストーカー対策の基本は無視≫
ストーカーを無視すると云うのは実に簡単な事のようにおもえて、むずかしい行動であるためである。
何故かと云うと、ストーカーからの嫌がらせと云うのは長期間つづく事がおおく、無視をしつづけると云う事はガマンと忍耐が必要となってくるのだ。
しかしながら、無視と云うのはストーカーにとってはものすごく適切な方法で在り、高い確立でストーカー行為がエスカレートするのを防ぐ事につながると云う結果がでている。

以下に、日常生活で注意可能な対策法で、ストーカーに的にされにくくなる為の対策法や予防策法等をご案内する。
1.家庭ごみにはその家の個人情報が色々とつまってるものである。例を挙げるとゴミの中には、レシート等が入っていて、何を何処で買い、いくらで買い付けた。カード番号まで記載されている等個人情報がばれてしまう。こういった個人情報を扱ってるゴミは、シュレッダー等で細かくしてから捨てるように配慮すべきだろう。
また、ゴミを捨てる時には自身の家のゴミだと理解出きる事ができないようにして捨てるようにすべきだろう。

≪行動監視≫
その日の行動や、服装等を知らせてきたりして、行動が監視されていると云う事に気付かせる事。
例としては、家に帰宅した直後に電話やメール等して、「今帰ってきたんだ。おかえり」等と電話してどんな時であっても観ているような感じに成る事。

またよくある調査依頼に「住所を気付いているから今から家に足を運ぶぞ!」みたいな脅迫めいたものが来て恐いと云うものがあるが、現実には高度な技術をもったハッカー、もしくは個人情報をオンライン上に流していない限りは殆どがウソだとおもっていいと思いる。
ネット上で軽い気持ちで住所等個人情報を流すのを留めるとか、色々気を付けてみるべきだ。