2018年01月20日

ストーカ- 恨み

ストーカーが実践する、つきまとい等の行為は犯罪にまで発展するケースも少なくはないのである。事実社会問題にもなってきている。
ストーカー行為にあってるとおもったら早期解決するのが望ましいと思いる。
しかしながら、1人で苦しんでいても解決しないので可能な限り対談じるるようにすべきだろう。

エスカレートする前の軽度のストーカー行為で無視をしたら現実にストーカーされなくなったと云うデータもあるくらいのである。
である為、ストーカーにあってるなとおもったら多種多様な対処をする前にまず無視する事から始めてみるのが良いと思いる。

ストーカー行為をどうしても留めてもらえないケースの場合は、「公的機関に申し出をして警告をしてもらうようにする」「申し出をして禁止命令を発令してもらう」等と云った段階を踏んで手続きを取るのが適切的だと考えれる。

しかしながら、ストーカー行為がエスカレートしてくると、身の危険を実感する事があるケースの場合や、ストーカー自身が自暴自棄になり劣悪な行動に出たケースの場合は迅速な対応が求めれる。
そのケースの場合は、上記のような申し出を経る等のプロセスをふまずに告訴を実践するのが良いと思いる。話し合いよりは公権力の介入に拠って解決しなければならない事があると思いる。



posted by k09jyuliwanjingtu at 08:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする